ヘッダーイメージ

ボーイは若くないとできない?キャバクラのボーイとして働ける年齢

ボーイの仕事と年齢は関係ある?

キャバクラで働くボーイは若い人が多く、20代前半の大学生が大半を占める店もあります。
そう考えると、若い人しか働けないと思いがちですが、実はそうでもありません。
実際は年齢を気にせず働くことができるんです。例えば30代のボーイもいますし、40代の幹部もいますから、年齢はほぼ関係ありません。

「年齢不問」の求人は思いのほかたくさんある

ボーイの求人は多数あり、その多くは「年齢不問」と書かれています。20代はもちろんのこと、40歳以上でも応募はできるんです。
やる気次第では即採用もありますから、気になる求人があれば積極的に応募してみましょう。
年齢制限のある求人も中にはありますが、年齢不問の募集のほうが多くなっています。

また、ボーイは未経験歓迎の求人も沢山あります。年齢不問かつ未経験可なので、ナイトワークの経験がなくても問題ありません。
例えば40代の人でもナイトワークに興味があれば、ボーイをやってみる価値は十分にありますね。

ちなみにほとんどの求人が学歴や経歴不問です。高級キャバクラは経験者優遇の所も多いですが、学歴がなくても働けるのはボーイの魅力です。
特に接客スキルやマナーを磨けますので、それらを身に付けたいならぜひボーイを始めましょう。

若い人がボーイになるメリット

キャバクラは20代のボーイが多いですが、店が若い人材を求めているためです。
若い人は特有の強みを持ち、更に伸びしろもあるため、未経験でも優先的に採用してもらえます。

特に若い人がボーイになるメリットは、次の3つが挙げられます。

・体力を活かせる
・昇格のチャンスがある
・ノリの良さが仕事で活きる

若さというメリットを活かし、ボーイを始めてみてはどうですか?

体力がある

キャバクラは夜の仕事ですから、体力が求められます。昼夜逆転生活になりますし、肉体労働に近いのが理由です。
そのため、体力面に自信がなければボーイには向きません。
精神的なタフさも欠かせないですが、それ以上に肉体的なタフさが必要になります。

しかし10代・20代はまだまだバイタリティにあふれています。体力は年齢とともに衰えていきますが、若ければ体力面への不安はなくなるでしょう。
精神面の不安は残りますが、仕事を通じて鍛えることが可能です。
キャバクラは肉体的にタフな人材を求めていますので、体力に自信がある人は大きな武器になります。

店長になれる可能性がある

将来有望な人材や、幹部候補を探している店も多いですが、年齢が若いとそれ自体が強みになります。
若い人は伸びしろがあるだけでなく、将来性もあるからです。
若いという強みを活かせば、将来は店長になれる可能性もあります。

実はキャバクラの店長は、ボーイからのし上がった人が多いんです。
早ければ20代で店長に昇格するパターンも。店長になった人たちは体力に自信があり、店で沢山の実績を積んでいるという共通点があります。
逆に若い人じゃなければ、体力には不安が残りますし、その分働ける期間も短くなります。
店長を目指すなら、若さは必須ともいえますね。

もちろん色んな仕事を覚える必要はありますが、若い人は入店後2~3年で店長になることも不可能じゃありません。
店長になれば稼ぎは劇的に増えますので、早く入店するほど稼げるチャンスもあります。

若いノリが仕事に活きる

キャバクラは人間関係が重要な職場で、特に上を目指すならスタッフ全員から信頼される必要があります。
しかし、年齢によってはコミュニケーションが取りづらく、思うようにいかないことも珍しくありません。
特にキャバクラは20代が多く働いていますから、それ以上の年齢になると人間関係構築も一苦労するでしょう。

その点10代・20代の人は安心です。若者ならではのノリを活かせば、キャストや他のボーイともコミュニケーションが取りやすくなります。
若いノリを仕事で活かせるのがボーイの特徴です。
ノリに自信がある人は、キャバクラでのコミュニケーションも苦労せずに済みますね。

特にキャバ嬢は若い子が多く、同年代なので話しやすくなります。
30代・40代になると、どうしても話が噛み合わず、齟齬が生じることもありますが、同じ10代・20代であれば同じ話題で盛り上がれますし、キャストとの仲も深めやすいです。

40代以上の人がボーイになるメリット

一方、40代以上の人がボーイを始めるメリットもあります。
確かに若いほど昇格しやすく、様々な強みを活かせるのは事実。しかし40代には特有の強みがあります。
それを活かせば、ボーイになるのも難しくありません。

40代以上の人がボーイになるメリットは以下の2つが挙げられます。

・接客経験を活かせる
・キャバ嬢が目の保養になる

40代以上というとボーイに不向きと思われがちですが、一度応募してみてはどうでしょうか?

接客経験があれば即戦力

40代以上の人は様々な職業を経験し、スキルを身に付けたと思います。
特に接客経験がある人はスキルを活かしやすいでしょう。
キャバクラは風俗店に分類されますが、実際の仕事は飲食店に近いからです。

ボーイはおつかいなどの雑用もこなす仕事ですが、営業時間中はホールスタッフとして動き回ります。
お客さんから注文を受けてオーダーを通し、料理やお酒をテーブルへと運びます。
これらは一般の飲食店と全く同じで、異なるのは会計くらいです。
もし飲食店などで働いた経験があれば、即戦力として重宝されますし、最初から少し高めの給料で働ける可能性もあります。
経験次第では正社員登用の道も開けるでしょう。

ただ、接客経験があっても面接に受かるかどうかは別です。
面接時にどんな接客をしたか話し、自分の強みをしっかりアピールして下さい。

キャバ嬢が目の保養になる

キャバクラで働くキャバ嬢はみんな可愛いです。これはどの店でも同じですが、疲れた時でもキャストが目の保養になってくれます。
普段はキャストと会話する機会はないと思いますが、ボーイになれば毎日会話できます。
そのため、若い綺麗な子と話をしたい人はボーイになるのもおすすめです。

年齢によっては親子ほど歳が離れるかもしれませんが、キャストが癒やしになるのは大きな魅力。
特に40代以上だと体力的にキツいですが、キャストを目の保養にすれば仕事も頑張れますね。

まとめ

以上をまとめてみると、このような結論に至ります。

・ボーイは年齢を問わず働ける
・若い人は体力やノリが武器になる
・若い人ほど店長になれる可能性が高まる
・40代以上の人は接客経験を活かしやすい
・若いキャバ嬢と話せる(目の保養にできる)

特にボーイは年齢不問で、若い人は体力などの強みを活かせます。
一方の40代以上の人は、即戦力として活躍できるチャンスがあります。
いずれにしても、ボーイの仕事に興味がある人は求人を探してみましょう。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!