ヘッダーイメージ

【大阪でボーイになる】ミナミ(心斎橋・難波)のキャバクラの特徴

大阪・ミナミ(心斎橋・難波)のキャバクラの特徴

大阪で多くの若い人が集まる街がミナミです。
主に心斎橋と難波の2エリアに分けられますが、いずれも若者向けの商業施設が集積しています。
買い物に来る人達が非常に多いエリアでもありますが、歓楽街の規模も比較的大きく、あちこちににキャバクラが点在しています。
そんな特色あるエリアのためか、ミナミのキャバクラは他のエリアにはない特徴を持ってるんです。

他の街よりリーズナブル・庶民派な店が多い

まず驚きなのが料金でしょう。ミナミのキャバクラは料金が非常にリーズナブルで、心斎橋~難波にかけて大衆店が沢山集まっています。
1セット6~7,000円という激安店も少なくないですし、指名料込み1万円少々で遊べる店もあります。
逆に高級店もあるにはありますが、北新地やキタほど数は多くありません。

ちなみに客層はサラリーマンがメインですが、観光客が訪れる場合もあります。年齢層はかなり若く、高齢の方が訪れることはほとんどないと言っていいでしょう。
客単価が低いのは少々ネックですが、時給の水準は大阪府内でも比較的高めです。
ミナミの店は客数やお客さんの来店頻度が多いため、その辺りで売上をカバーしているのかもしれません。

テンションの高いキャストが多い

キャスト(キャバ嬢)のノリの良さは関西でもトップクラスです。いや、全国トップクラスといってもおかしくないかもしれませんね。
ミナミでは、テンションが高くてノリの良いキャストが非常に多く、更に話がもっぱら面白いのが特徴です。まさに”笑いのメッカ大阪”とでもいうべきでしょうか。

キャストが明るくて面白いので、会話目当てで訪れるお客さんが少なくありません。
店全体が賑わっていることも珍しくないですね。一人で来るお客さんもいますが、みんなでワイワイと騒ぎたい団体客が来る場合も多いです。
もちろんボーイも楽しく働けるので、高級店みたいに肩肘張るのが苦手な方におすすめのエリアです。

なお、キャストの質は店によって大きな違いがあります。ただ、容姿よりノリや性格で採用される子のほうが多いですね。
ミナミでボーイを始める場合、このノリやテンションに付いていけないと少し辛いかもしれません。ノ
リが悪いと、キャストにそっぽを向かれる可能性もあります。

日曜・祝日などに営業するキャバクラも多い

キャバクラは日曜・祝日休みというパターンが多くなっています。これはお客さんがほとんど来ず、売上が見込めないのが理由です。
繁盛店の場合は別ですが、日祝に歓楽街全体で閑古鳥が鳴いているエリアは店を閉めるのが一般的です。

しかしミナミは全くの逆で、日曜・祝日であっても歓楽街は沢山の人で賑わっています。そのため日曜日や祝日に店を開けるキャバクラも多く、他のエリアよりも働きやすいんです。
特に休日くらいしか暇がない学生さんの場合、土日や祝日だけボーイのバイトをするという選択肢もあります。
時給水準も良いため、短時間で効率よく稼ぐことが可能です。ボーイと他のバイトの掛け持ちも難しくないですね。

他のエリアだと、日曜・祝日営業のキャバクラは皆無といっても過言じゃありません。日曜や祝日を有効活用したい方は、ミナミのキャバクラで働いてみるのがおすすめです。

ぼったくり店で働かないように注意

ミナミはボーイにとって働きやすいエリアの一つですが、ぼったくり店もあるので気を付けてください。
梅田ほどではないですが、少なからずぼったくり店が存在します。
こうした店はブラックが大半なので、絶対に避けるのが身のためです。

問題はぼったくり店の見分け方ですが、以下でポイントを詳しく解説します。

ボーイになるならお店の下調べは入念に行おう

まず心がけておきたいのが事前調査です。ボーイのキャバクラの求人はごまんとありますが、ぼったくり店の求人も紛れ込んでいます。
運悪く”ハズレ”を引いてしまう可能性も否定できませんので、店の下調べを入念に行いましょう。そのうえで安全と判断できた場合のみ、求人に応募することをおすすめします。

では、店の何を調べればいいのでしょうか?確実にチェックしておきたいのは次の5つ。

1.住所(実在確認も含め)
2.料金体系(相場より安すぎないか)
3.ホームページの有無
4.連絡先(メールアドレスや電話番号)
5.スタッフの対応

特に重要性が高いのは1と3です(2については後述します)。
まずはネットで店の住所を検索してみましょう。もし実在しなかったり、店があるのか疑わしい場所だった場合、限りなくブラックに近いと判断できます。
また健全なキャバクラは、自前でホームページを運営しているのが一般的です。
逆にホームページが見当たらない時は、違法店の可能性が高いと考えられます。

住所とホームページに問題がなければ、4と5について確認していきましょう。
連絡先をチェックして、店へ直接電話してみましょう。
その時のスタッフの対応がポイントです。高圧的な態度だったり、雑な印象を受けませんでしたか?
もし高圧的・雑だと感じた場合、その店はブラックの確率が高いといえます。応募は諦めて他の店を探しましょう。

激安店やキャッチをしている店はNG

上で触れましたが、2の料金体系もぼったくり・店を見分けるポイントです。
ミナミのキャバクラは全体的に安いですが、他店より料金が極端に安い店は警戒しましょう。
安く見せかけているだけで、実際はぼったくられるのが目に見えています。

それと合わせ、キャッチ(客引き)を行っていないか見ておきましょう。キャッチは違法性が高い行為ですが、ぼったくり店では日常的に行われています。
ミナミは大阪市の条例で禁止されていますから、行為そのものが違反です。
それにも関わらず、ボーイに客引きさせる店は悪質極まりない、と断言できます。
当てはまる店を見つけた時は、いくらボーイ求人の時給が良くても応募は避けましょう。

給料の相場

ミナミのぼったくり店には注意が必要ですが、給料相場が良いので働く価値があります。
おおよその相場は以下の通りですが、大衆店が多い割には非常に高い水準です。

・時給(バイト)…1,300~1,800円
・月給(社員)…30~40万円

バイトでも時給1,500円を超す店が大半を占めています。中にはそれ以下の求人もありますが、高級店が多い北新地周辺とほぼ違いがありません(※一部の店は北新地の相場以上)。逆に高すぎる気もしますが、稼ぎたい方にとっては魅力的な水準です。

一方の社員も給料水準は高く、ほとんどの店が月給30万円を超えます。
長く働けば昇給・昇格が期待できますから、年収500万以上を目指すのも不可能じゃありませんね。
安定した稼ぎを目指す方は、正社員で応募してみるのもおすすめです。

ちなみに幹部候補も月給50万以上と高水準です。仕事はボーイのバイトや正社員より厳しいですが、キャバクラ店長を目指すなら検討する価値があります。

まとめ

大阪のミナミのキャバクラを以下にまとめてみます。

・大半が大衆店で日曜や祝日営業の店も多い
・キャストのノリが良く面白い
・ぼったくり店があるのも事実
・店の下調べを入念に行い、激安店などは絶対避ける
・給料の相場は非常に高く、北新地の相場を超える店もある

特にキャストのノリの良さや給料相場の高さがポイントですね。ただしぼったくり店もありますので、ボーイの求人を見かけたら入念に下調べしましょう。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!