ヘッダーイメージ

キャバクラのボーイを辞めたい…ボーイの辞め方マニュアル

キャバクラのボーイを辞めたい人へ

キャバクラのボーイはハードな仕事のため、辞める人が多いのも実情です。
想像以上に厳しいのが理由に挙げられますが、ボーイの仕事を長く続けると大きな見返りがあります。
例えば昇格して給料がアップしたり、精神面を鍛えることだってできます。

しかし、それでも辞めたいのであれば、「辞めるに値する理由」を一度考えてみて下さい。
じっくり考えても「辞めたい」という結論に至った場合のみ、ボーイの仕事を辞めるべきです。

すぐに辞めたい場合は辞め癖がつく可能性もある

キャバクラのボーイの仕事は、1ヶ月持たずに辞めてしまう人も少なくありません。
俺の勤める店でも、数日で辞める人とか普通にいます。でも、すぐに辞めてしまうのは自分にとって大きなマイナスとなります。
これはボーイに限った話じゃないですが、”辞め癖”が付いてしまう可能性があるんです。

例えば、ボーイを辞めた後に他の仕事を始めても、「なんか違う」と感じてすぐ辞めたくなるかもしれません。
それを何度も繰り返していくうち、仕事が長続きしない、なんて事態におちいる危険もあります。
定職につけなくなると、自分の生活にも多大な影響が及びます。
確かに辞めたい気持ちも分かりますが、ボーイになったらしばらく頑張ることが大切です。

お店がブラックなら辞めるべき

逆にキャバクラがブラックだった場合、すぐにでも辞めることを考えて下さい。
上で言ったことに反しますが、ブラックなキャバクラで働いてもいいことは1つもありません。
普通の店より労働環境は過酷ですし、何よりも精神的にキツいです。
精神的に壊れてしまったり、うつ病になる可能性だってあります。だからブラックな店は早めに辞めてしまうのがいいんです。

また、ブラックではなくても精神的に辛い場合、辞めることを考えるべきです。
そのまま働き続けてもメンタルを壊しますから、一度ボーイから離れたほうがメリットも大きいと考えられます。
心を休ませるためにも一旦辞めて、また働きたいと思ったらボーイを始めてみてください。

上手な退職の方法

辞めるかどうかは個人の判断次第ですが、問題になるのは辞め方です。
できれば穏便に、トラブルを起こさずに辞めたいですよね。
キャバクラのボーイも普通の仕事と同じで、円満退職するためのコツがあります。

辞める1ヶ月前には報告する

まずボーイの仕事を辞めるためには、店長へ退職の意思を伝えなくてはいけません。
伝えず勝手に辞めると”飛ぶ”(後述します)だけですから、後々大きなトラブルを生む危険があります。
辞める時は、自分の口から直接「仕事を辞めたい」と伝えるようにしましょう。

では退職の意志を伝える時期ですが、遅くても1ヶ月前には言うことをおすすめします。
直前に言うとトラブルになりますし、店もそう簡単に辞めさせてはくれません。
そのため1ヶ月位余裕があれば、トラブルが起きにくく穏便に退職できます。

店側も新しいボーイを探さないといけませんし、皆さんの役割次第では引継ぎが必要になります。
自分勝手に退職するのは絶対避けて下さい。ちゃんと店側にも配慮して、穏便に辞められるようにすることが重要です。

理由は事前に考えておく

ただ、店長などへ退職する意思を伝えると、必ずその理由を聞かれます。
キャバクラの場合、実は辞めたいスタッフを引き止めるのは日常茶飯事で、理由によっては簡単に辞めさせてくれないんです。
例えば「思ったほど稼げない」という理由なら、店側は時給アップを口述に引き止めてきます。だから辞める理由はとても大切なんです。

そんな引き止めにあわないためにも、退職理由は事前に考えておきましょう。
嘘でも構わないので、前もって考えておいたほうがトラブルも避けられます。
もし理由を考えておかないと、とっさに適当なことを言ってしまったり、引き止めにあう可能性もあります。

万が一理由が浮かばない時は、下記のような理由を伝えてみましょう。

・学校と仕事の両立が難しくなった
・夜型生活で体力的にキツくなった
・精神的に限界がきた
・家族に辞めろと言われた

極力金銭面に関する理由は避けるのがおすすめです。
いずれにしても、引き止めが難しい退職理由を考えてみましょう。

辞めた後の給料について

退職の意向を伝えた後は残された期間を働くだけです。当たり前ですが、辞めた後はその分の給料を貰える、と考えている人が多いと思います。
しかし、キャバクラに限っては期待しないほうがいいです。実は退職を伝えた後、給料をほとんど支払ってくれない店もあるんです。
いわゆるタダ働きになりますが、無理やり給料を貰おうとするとトラブルが生じるおそれもあります。

けどタダ働きは避けたい、という人は、辞める前にシフトインする日数を段階的に減らしていきましょう。
辞めることを伝える直前には、ほぼシフトインしないようにするのもおすすめです。
今までと同じ日数を働いても、結局タダ働きになってしまいます。
もちろん給料を全額払ってくれる店もありますが、1円も払わない店が多いことも覚えておいて下さい。

その場合ですが、「退職代行を使う」という方法が「ちょい辞め」というサイトに書かれていました。
弁護士のいる業者を間に挟んで交渉を行う事で、店側も給料を払わざるを得ず、即日退職が可能との事でした。
代行料の3~5万円を差し引いても、給料全額が振り込まれればプラスで辞める事が出来る算段です。
詳しくは「退職代行サービスとは」という記事をご覧になると良いかもしれません。

最終手段「飛ぶ」ことについて

キャバクラでは、時々ボーイやキャストが「飛ぶ」光景も見られます。
この「飛ぶ」という現象は、いわゆる「バックレ」です。隠語のような感覚で使われていますが、誰それが飛んだ=バイトをバックレた、と考えておいて下さい。
ナイトワーク界隈では飛ぶこと自体珍しくはないですが、色んな危険をはらんでいるので極力避けるべきです。

自ら飛んだ場合、まず店や幹部、店長などから電話がひっきりなしにきます。ひどいパターンだと、四六時中電話が鳴り止まない事態になります。
自宅に店の人が来る場合もありますし、見つかったらタダじゃ済まないかもしれません。

ともかく飛ぶことは非常に危険です。すぐ辞めたい気持ちも分かりますが、ちゃんと正しい手続きを踏んでから辞めましょう。

まとめ

ボーイを辞めたくなった人は、以下のまとめを参考にして下さい。

・すぐに辞めると辞め癖が付く可能性がある
・ブラックキャバクラは有無を言わず辞めるべき
・穏便に辞めるなら1ヶ月前に意向を伝える
・辞める理由は事前にしっかり考えておく
・辞めた後の給料は期待しない
・退職代行サービスを使うという選択肢(by ちょい辞め)
・飛ぶことは危険!避けること

ボーイを辞めたいという人はどの店にもいます。
しかし、本当に辞めていいのか慎重に考えて、悔いのない決断をして下さい。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!