ヘッダーイメージ

キャバクラのボーイはどんな仕事をする?現役バイトが仕事内容を解説

キャバクラのボーイの仕事内容とは

キャバクラのボーイは様々な役目を担う職業です。俺もいまボーイをやっていますが、営業前から閉店後まで四六時中動き回っています。
でも、実際はどんな仕事をするか知っていますか?新人とベテランとでは少し変わりますが、代表的な仕事は主に7つあります。

付け回し

最も重要な仕事が付け回しです。付け回しは、入店時にキャストを指名しなかったお客さん(フリー客)に対して、様々なテイストのキャストを割り当てる業務です。
キャバクラに訪れるフリー客は初見がほとんどで、特定のキャストを指名することはめったにありません。
しかし好みのキャストがいれば、場内指名や次回の来店に繋がる可能性が高まります。
その役目を担うのが付け回しで、店の売上をも左右する重要なポジションでもあります。

付け回しはフリー客の好みを瞬時に判断し、当てはまるキャストを数人ピックアップしなくてはいけません。
逆にこれができるようになれば、フリー客が固定客に化ける場合もあります。
それだけ付け回しは重要性が高く、ボーイにとってもやりがいのある仕事です。

しかし新人が付け回しを行うことはありません。キャストとの信頼関係が重要ですから、どの店も経験を積んだボーイが担当します。
売上を左右するため不安だと思いますが、急にやれと言われることはないので安心して下さい。

店内の清掃

入店間近のボーイや新人は主に雑務を担当します。店内の清掃もその中の一つで、開店前にフロアやバックヤード、トイレなどを掃除します。
特に入店間もない頃は掃除を任されます。面倒かもしれませんが、手を抜かず店全体をピカピカにする勢いで掃除しましょう。

逆に手を抜くと先輩や上司から怒られる場合もあります。(ていうか大抵怒られます)
先輩らはしっかり見ていますので、絶対に手を抜いてはいけません。たかが掃除されど掃除です。
今後の自分自身の評価にも影響しますので、フロアもトイレも埃一つ見逃さない勢いでキレイにしましょう。
コツコツこなせば次第にお店での評価も上がり、今後の昇給・昇進にプラスのメリットをもたらします。

ただし、開店前は掃除の他にも様々な仕事があります。後述しますが、おつかいも開店前に行う仕事の一つです。
掃除に充てられる時間は限られますので、効率を考えながらテキパキ動くようにしましょう。

灰皿やアイス(氷)の交換

キャバクラの営業中、ボーイは常にフロアに目を光らせなくてはいけません。何故なら灰皿やアイスの交換が必要になるからです。
キャストやお客さんはタバコを吸いますし、ブランデーなどのお酒を割る時には氷を使います。
これらを交換するのもボーイの大切な仕事ですが、タイミングがずれてしまうのは好ましくありません。
テーブルを細かくチェックして、適切なタイミングで交換しましょう。

交換の目安ですが、灰皿は吸い殻が1~2本溜まった時、アイスは容器の氷が半分程度になった時です。
例えばテーブル上の氷がもうすぐ半分になりそうな時は、速やかに新しいものと交換しましょう。
ただし、キャストとお客さんの間に水を差さないよう立ち回る必要があります。

おつかい

入店して間もない頃は、おつかいを頼まれることも多々あります。ボーイは雑用係と言われる場合もありますが、こうした業務も担当するのが理由です。
おつかいでよく買いに行く物は、トイレットペーパーやティッシュ、領収書やコピー用紙などさまざま。
ストックを切らすと営業に差し支える場合もあるので、言われた物はメモへ書き出しておきましょう。

おつかいでキャストの買いに行ったり、食品やお酒を買いに行くこともあります。
基本的に言われた物は全部買う必要があるので、絶対忘れないようにしましょう。
万が一忘れてしまうと、再びおつかいへ走る羽目になりますからね・・・。

皿洗い

キャバクラの営業が終了すると、ボーイは店の片付けを行います。テーブルからグラスや料理のお皿などを下げ、皿洗いをするのも大切な仕事の一つ。
厨房にある洗い場へ一通り運び、まとめて洗うと効率が上がります。
グラスなど下げる度に洗えば洗い物をため込まずに済みますが、ボーイには効率が求められます。
先に全部下げておけば、皿洗いをしている間に他のボーイがテーブルの後片付けをできます。

キャバ嬢の出勤状況の確認

ボーイとして長期間勤務すると、何人かの担当キャバ嬢を持つようになります。
店に実績や経験が認められた証拠ですね。
担当キャバ嬢を持つと仕事量も増えますが、特に重要なのが出勤状況のチェックです。
自分の担当キャバ嬢に出勤可否をLINEやメール、電話などの手段で確認します。
場合によっては出勤時間の調整も行います。同時にお客さんの来店予定や同伴の有無も確認してください。

ちなみに出勤確認は事務的になりがちです。しかし堅苦しいとキャストに嫌われたり、ウザがられる原因になります。
キャストのモチベーションを上げられるよう、明るい感じでやり取りしましょう。

キャバ嬢のフォロー・ケア

担当キャバ嬢を持ったら、フォローやケアを行うのもボーイの役割です。
キャストだって仕事でストレスが溜まりますし、お客さんに嫌なことを言われて落ち込むこともあります。
そんな時、キャストをフォロー・ケアするのが担当ボーイ。
仕事の相談に乗ったり気配り・気遣いをして、キャストのモチベーションを維持してあげましょう。

この仕事はボーイの力量が問われます。当然ですが、日頃から信頼関係を築いておかないと、フォローすらままなりません。
逆にしっかりケアできれば、キャストや店の信頼度も上がります。キャストのメンタルは売上に直結しますので、普段と違うと思ったら速やかにフォローへ回りましょう。

大変な仕事は?

他にもボーイの仕事は様々ありますが、代表的なものは以上の7つです。ただ、どれが大変なのか分かりにくいですよね。
これは俺の主観ですが、特に大変な仕事は付け回しとキャストのフォローやケアです。何故なら次の理由が挙げられます。

付け回し

・頭をフル回転させなきゃいけない
・お客さんの好みを瞬時に見分ける必要がある
・キャストのタイプを把握しないといけない
・キャストに付け回しを断れることもある

キャバ嬢のケア・フォロー

・イライラしている時は八つ当たりされる場合もある
・単にワガママな子もいる(手を焼かされる)
・時には辛抱が必要
・深入りすると風紀を破りかねない

付け回しはやりがいのある業務ですが、お客さんの好みの判断が非常に難しいです。
キャストのタイプも把握しないといけませんし、仲が悪い子に断られる場合もあります。
場数を踏んで経験を積み、キャストと信頼関係を構築するしかありません。

キャストのフォローやケアも同じです。キャストといっても一人の女の子ですから、振り回されっぱなし、ということも珍しくありません。
とにかく我慢が求められますし、万が一深入りしたら風紀に触れるリスクもあります。特に仕事とプライベートの線引が求められる業務です。

ただ、大変に感じる仕事はボーイそれぞれ違います。ぜひ入店して自ら確かめてみて下さい。

まとめ

キャバクラのボーイの仕事内容についてまとめると・・・

・主な仕事は7つ
・しばらく働くと担当キャバ嬢を持つ
・大変な仕事は付け回しとキャバ嬢のケアやフォロー

ただし、ここで挙げたボーイの仕事はほんの一例です。ボーイが送迎を行う場合もあるなど、店の規模によって役割が変わります。
分からない時は、その店へ直接聞いてみてくださいね。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!